ホーム取扱業務交通事故

交通事故

交通事故の被害者になった場合

 交通事故の被害者になったとき、これまでの日常生活とは異なる多くの対応を強いられます。

 例えば、警察・検察への対応、加害者の保険会社との話し合い、医療機関への定期的な受診など。

 そして、多くの方にとっては初めてのことばかりですので、次のような点に戸惑う方もたくさんいらっしゃいます。

  • 何からやったら良いか、わからない
  • 加害者が事実と違うこと(事故当時の信号機の色や事故の状況など)を警察や保険会社に話していて、困っている
  • 加害者側の保険会社が治療費の支払いを打ち切ると言ってきて、困っている
  • 加害者側の保険会社から、毎月、休業補償(休業損害)を支払ってもらいたいが、どうしたらよいかわからない
  • 加害者側の保険会社が提示してきた賠償額が適切なものか、わからない
  • 加害者が無保険(任意保険に加入していない状態)なので、修理費や治療費などを支払ってくれるか、わからない
  • 加害者の刑事裁判で自分の意見を述べたいが、どうしたらよいか、わからない

 そんなときは、ご相談ください。
 スムーズな解決に向けてアドバイスいたします。
 また、必要に応じて弁護士への依頼についても提案させていただきます。

交通事故の加害者になった場合

 交通事故の加害者になったとき、多くの問題が発生します。

 例えば、刑事事件について警察・検察への対応、行政処分に関する公安委員会からの通知、被害者及び被害者代理人からの損害賠償請求など。

 そして、次のようなことを心配される方がたくさんいらっしゃいます。

  • 取り調べを受けることになったが、どう対応したらよいのか、わからない
  • 刑事裁判を受けることになったが、どう対応したらよいのか、わからない
  • 今後、どのような処分(刑事処分、行政処分)が予定されているのか、知っておきたい
  • 公安委員会から意見聴取通知書(あるいは、警察本部から弁明通知書)が届いたが、どう対応したらよいか、わからない
  • 被害者やその代理人から、過剰ではないかと思える要求をされているが、どうしてよいか、わからない

 そんなときは、ご相談ください。
 スムーズな解決に向けてアドバイスいたします。
 また、必要に応じて弁護士への依頼についても提案させていただきます。

 

交通事故で悩んでいる方は、ぜひ弁護士にご相談ください。
弁護士費用についてはこちらをご覧ください。
なお、自動車保険で弁護士費用特約にご加入の場合、弁護士費用の全部または一部を保険でカバーできる場合があります。
また、経済的にお困りの方は、法律扶助制度(法テラス)も利用できますのでお問合せください。
電話でのお問合せはこちらまで
TEL  0859ー37ー2580

平日  午前9時 〜 午後6時
(正午 〜 午後1時は留守番電話による対応になります)
PAGETOP